「声の健康」声のトレーニングや声を鍛える。声をキレイにすると、健康になる。2

【スポンサーリンク】

診療には日々多くの方が私のもとを訪れます。

なかには、「声」を使う職業である、いわゆるプロフェッショナルな方もおられます。

プロフェッショナルのみなさんは、声を使う職業であるため、声のケアを念入りに行っています。みなさんにとって、声は商売道具ですし、何よりも重要な宝物です。ですから、日ごろから声を守る努力を惜しみませんし、「声の健康」に誰よりも敏感です。それゆえにみなさん、声は健康ですし、心身ともに健康な方が多いのです。

ところが、声を使う職業ではない多くの方は、普段から声を重要視していないどころか、おろそかに扱っていることがあります。その結果、「声の健康」を害してしまったり、「声」が発している病気のサインに気づかず、手遅れになってしまうことがあるのです。

もちろん、声を使う職業でなくても、健康な方はたくさんいらっしゃいます。その方たちに共通しているのは、意識しているか、していないかにかかわらず、普段から「声の健康」に敏感で、ケアをしているとうことです。

「声の健康」に敏感になり、声を鍛え、声を守ることを習慣づければ、いつまでも健康な声を保つことができ、しっかり話したり、しっかり食事をすることができるようになります。そうすることで、病気のリスクも低くなるのです。

つまり、あなたが持っている本来の声を取り戻して「声をキレイにする」ことこそが、「健康で長生き」を可能にしてくれるのです。

ではそのためにはどうすれば良いのでしょうか?

ここでご紹介する方法は、決して難しいことではありません。お金もかかりません。しかし、その効果は抜群です。

一つ目は、声の健康を守るためのトレーニング「ピシッと声トレ」です。

世間のトレーニングの中には、実行に長い時間を要するものがありますが、それでは決して長続きすることはありません。「ピシッと声トレ」は1日のうち朝晩2回、それもほんの2分でできます。しかも、たった1カ月間続けるだけで、あなたの声帯は健康を取り戻し、カラオケや食事を楽しむことができるようになるでしょう。

【スポンサーリンク】

二つ目は、声を鍛え、守る習慣を身につけることです。

「ピシッと声トレ」でキレイな声になったとしても、のどを傷つけたり、声を出さずに声帯を衰えさせる習慣を続けていると、また悪い状態に戻ってしまいます。声を鍛え、守る習慣は、会話をすることや加湿をすることなど、普段の生活にちょっとした要素を加えるだけでできます。この習慣を日常に取り入れるだけで、声がきれいになり、みるみる健康になっていくことを実感できるでしょう。

そして、「キレイな声」を取り戻した人は毎日が充実し始めます。

「しゃべるのが恥ずかしい」といった悩みが消え、「もっと声を聞いてほしい」と思うようになります。さらに、カラオケや詩吟、旅行といった趣味にも励むようになるのです。

これらの趣味は声に良い影響を与えます。趣味をおうかすることで人生も充実してきます。

つまり、声をキレイにすることは、健康になるだけではなく、幸福な人生を手に入れることにもつながるのです。

「声」を専門とする私が、医師として断言します。

「声」をキレイにすると、超健康になる」ことが可能だと。

この機会を通じて、みなさんの声が、私が診てきた方たちのように今まで以上に健康なものになっていただけたら、これほど嬉しいことはありません。

みなさんが本来の「キレイな声」を取り戻して楽しい毎日をお過ごしになられることを、心よりお祈り申し上げます。

引用文献・参考文献

声をキレイにすると超健康になるー角田晃一氏ー


→ 戻る 声から「 病気 の サイン」や「リスク」を考える。「声の健康」で「長生き」も可能。1

→ 次へ 声をキレイにして病気を撃退!「声と寿命」「声は健康のバロメーター」「声の異変」は病気のサイン。3

【スポンサーリンク】